この情報を出力する

このページのリンク

ナツメ ソウセキ
夏目漱石 / 藤井淑禎編
(日本文学研究論文集成 ; 26-27)

データ種別 図書
出版者 東京 : 若草書房
出版年 1998.4-1998.9
本文言語 日本語
大きさ 2冊 ; 22cm
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示

図書館/第2書庫 910.2/N/26 1 01083856
4948755257
図書館/第2書庫 910.2/N/27 2 01083820
4948755338
尾道関連 910.2/N/27 B 尾道 2 01439574
4948755338

書誌詳細を非表示

内容注記 1:『こゝろ』を読むということ : 秦恒平の『こゝろ』理解への疑問 / 片岡豊
テクストはまちがわない / 石原千秋
「テクストはまちがわない」か? / 浅田隆
「こゝろ」 : 〈私〉の物語 / 木股知史
漱石・美術・ドラマ / 中島国彦
『門』の冒頭部分の表現について : 表現距離にみられる作者の小説技法と態度 / 黒木章
「憐れ」の諸相 : 漱石写生小史 / 石井和夫
印刷工程に起因する本文異同 : 『吾輩は猫である』『坊っちゃん』を通して / 山下浩
〈科学〉の行方 : 漱石と心霊学をめぐって / 一柳廣孝
漱石・クロージャー・マルクス / 藤尾健剛
虞美人草 / 武田勝彦
漱石の読まなかった本 : 英文学の成立 / 富山太佳夫
『三四郎』論 : 「独身者」共同体と「読書」のテクノロジー / 松下浩幸
2:個人と活字 : 『三四郎』における文字のドラマトゥルギー / 小森陽一
「父の名」と翻訳 : 『三四郎』を読む / 芳川泰久
『道草』 : 交換・貨幣・書くこと / 柴市郎
三人称回想小説としての『道草』 : 『道草』再読のためのノート / 金子明雄
『道草』の味わい : 〈迂闊な健三〉と〈捨てられた父〉 / 細谷博
挿話の連鎖としての『吾輩は猫である』 / 竹盛天雄
甦る「こころ」 : 友情と恋愛をめぐるテキスト / 藤井淑禎
「男と男」と「男と女」 : 藤尾の死 / 水村美苗
『虞美人草』 : 女性嫌悪と植民地 / 中山和子
「女性の遊戯」とその消滅 : 夏目漱石『行人』をめぐって / 小谷野敦
男の絆 : 『行人』の同姓社会的世界 / 佐々木英昭
病める都会人の時計と洋燈 : 時間地理学とは? / 杉浦芳夫
一般注記 2の責任表示: 片岡豊編
著者標目 藤井, 淑禎(1950-) <フジイ, ヒデタダ>
片岡, 豊(1949-) <カタオカ, ユタカ>
件 名 NDLSH:夏目, 漱石(1867-1916)
分 類 NDC8:910.268
書誌ID TT20108992
ISBN 4948755257
NCID BA35369033

 類似資料